株式会社プログレス | Progress Inc.

Progress

文化を知る

culture

INTERVIEW

文化を知る

全社員フルリモートは

「楽じゃない。だからやる。」

Profile

取締役

中山 宗典

MUNENORI NAKAYAMA

取締役

中山 宗典

MUNENORI NAKAYAMA

2010年にアクセンチュアに新卒で入社し、ITコンサルタントとして複数のシステム導入プロジェクトに従事。その後、スクラッチによるシステム開発を経験し、2020年には株式会社プログレスを共同創業し、取締役副社長に就任。現在は取締役として経営を行う傍ら、認定スクラムマスターとして複数のプロジェクトの管理や推進を担当している。

最高コミュニケーション責任者

山田 覚也

AKINARI YAMADA

最高コミュニケーション責任者

山田 覚也

AKINARI YAMADA

株式会社チームネクステージの代表取締役CCO。2024年1月にはプログレスのCCOに就任。名古屋工業大学の非常勤講師や叡啓大学のキャリアコーチ、明治学院大学の女子ラクロス部メンタル&コミュニケーションコーチも務める。アドラー心理学をベースとした1on1コーチングに多岐にわたり従事し、経営者から医者、プロアスリート、サッカーJ2監督、医大生まで幅広い分野での経験を持つ。

フルリモートを支える「コミュニケーションガイド」

前向き、感謝、受容

XX

フルリモートでの効果的なコミュニケーションを確保するために、「コミュニケーションガイド」を導入しています。

このガイドはリモートワークの課題を解消し、チーム全体が同じ方向を向けるようにするために策定しています。心構えやツールの使い方などを記載しており、具体的には、「前向き、感謝、受容」を重視し、仕事の依頼や完了時の振る舞い、異なる意見への受容などを明文化しています。

さらに、リモート環境特有の課題に対応するためには、「ホットコミュ」「即時レス」の重要性を認識し、Slackなどの利用ルールも具体的に明記しています。また、絵文字やスタンプの活用も推奨しています。

このガイドは新入社員がすぐに会社文化に馴染めるように設計しており、チャットのテンション管理や議事メモの作成方法も詳細に記載しています。

心理的安全性を高める「1on1コーチング」

自己成長を促進する1on1で心の安全を確保し、

フルリモートの力を最大限に引き出す

当社ではフルリモートワークの円滑な運営を支えるため、心理的安全性を重視した「4種類の1on1」を積極的に展開しています。これにより、従業員が安心して意見や悩みを打ち明けられる環境を整え、各個人の成長と幸福感を促進しています。

過去にも1on1を通じて心理的安全性を高める取り組みを行ってきましたが、最近ではアドラー心理学を基盤とした1on1コーチングを導入し、その効果をより深化させています。特に、CCOとして迎えた山田さんの指導のもとで、社員は自己理解を深め、具体的な目標設定やキャリアプランの策定が可能になっています。

人事評価制度の明文化

人を大切にし、実力を正しく評価する制度があるからこそ、

フルリモートかつフルフレックスという自由な働き方が許容される

人事評価制度を明文化し、「期待された仕事を期待された納期で、期待されたコスト内で完遂するプロフェッショナル」を明確に定義しています。各職種ごとに詳細なジョブスクリプションを作成し、評価基準を透明化することで、従業員は自分の役割や責任を明確に理解しやすくしています。これにより、リモートワーク環境でも成果を追求する文化を醸成し、フルリモートやフルフレックスの柔軟な働き方を推進しています。

世間一般では「リモートワークだとサボる人がいる」という話も聞きますが、「何をどう頑張れば評価されるか」を明文化すれば、仕事をサボってわざわざ自分の評価を下げようと考える人はいません。実力を正しく評価する制度があるからこそ、フルリモートかつフルフレックスという自由な働き方が許容されるというのが我々の考え方です。

さらに、売上や稼働率に加え、社内カルチャーの向上に貢献する活動を加点評価の対象としています。

フルリモートを成功させるカギ

「ハイか、イエスか、喜んで」

XXX

プログレスでは、「発言できる関係性」を築くことがフルリモートの成功に不可欠だと認識しています。個人としては、何か気になることや改善すべき点があれば、積極的に声を上げることが推奨されています。これは、物理的な距離があるために尚更重要であり、会社側もそれを真摯に受け止め、感謝の気持ちを表すようにしています。

このようなコミュニケーション文化が、従業員の信頼感と主体性を促進し、プログレスの成長に繋がっています。

フルリモートの継続には、課題の改善と施策の更新が欠かせません。例えば、コミュニケーションガイドや人事評価制度は、常に現場のニーズに応じて最新の形で運用されています。また、リモート疲れの解消やリフレッシュのための施策や、社員の状況を客観的に把握するための定期的なサーベイも積極的に行っています。これらの取り組みは、我々が「日本一のリモート開発会社」を目指す熱意の表れであり、「ハイか、イエスか、喜んで」の精神に基づいて、積極的かつ持続可能な成長を目指しています。

さらに、オンライン飲み会やオンラインランチ会、多読会などの活動も定期的に開催しており、これらはチームビルディングに役立っています。こうした取り組みは、従業員同士の親睦を深めるとともに、仕事以外の交流を促進しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください